2016年02月05日

読み稽古終わり、立ち稽古へ!

IMG_0431.JPG
てがみ座 劇団員の箱田暁史です

稽古の一週目、じっくり楽しく擦り合わせながらの読み稽古を終えいよいよ立ち稽古へと向かいます「対岸の永遠」でございます

この作品は1999年のロシアを軸にしたお話で、つくる我々は色々わかっておかなければならないのでお勉強したりもしていますが、観ていただく皆様にはロシアのことがよくわからなくても「人間ってそうだよな」とか「明日もがんばろう」とか「おもしろかった!」と感じていただける作品だと思います

それを立ち上げるべく明日からの立ち稽古に取り組んでいきます!

稽古の様子も随時アップしていきます(^o^)
それでは!

箱田暁史
posted by てがみ座 at 11:50| Comment(1) | 稽古場日誌
この記事へのコメント
今回は演出家の方が変わり
立ち稽古の雰囲気も違ったものになるのでしょうね。
ブログ楽しみにしております。
1999年といえばチェチェン紛争の時期ですね。
ロシアは個人的には物騒な国で
でも文化的には惹かれてます。
鑑賞に備えて私も学んでおきます。
Posted by 大原 at 2016年02月07日 01:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: