2016年02月21日

役者紹介、亀田佳明さん!

IMG_0514.JPG
今回はてがみ座の箱田暁史が、亀田佳明さんをご紹介させていただきます!

亀田さんは、前回のブログでご紹介させていただきました半海さん演ずるアンドレイの娘エレナ(石村)を、海の向こうから訪ねてくる男・ユリウスを演じます

わたくし箱田は白状いたしますが、わりと昔から亀田さんのお芝居を拝見しておりまして、その微かに憂いを帯びたイケメン振りにときめいておりました

要するにファンですね

亀田さんを含む文学座の四人で構成されたユニット「unks」http://profile.ameba.jp/unks/の結構初期の作品を観たりもしていて、そのソリッドでナイーブな感じに胸を熱くしておりました…

そんな亀田さんと初共演!
しかも絡みもあって僕はテンション上がりっぱなしです

そんな亀田さんにてがみ座から質問してみました!

大丸1「鞄に必ず入っているものは?」

歯ブラシ‥‥大変抜きにくい親知らずだと歯医者に脅され、虫歯にならないよう非常に大切に扱っている。

大丸1︎稽古で大切にしていることや、稽古の様子を教えてください!」

なんとなく毛穴開く感じ。

大丸1︎「作品の見所や、個人的にここを見てほしいなどおすすめポイントは?」

それぞれの役の視点があるので、どの役の目線でご覧になるかでお芝居の印象が変わる気がします。
是非複数回観にいらして下さい!


写真は相変わらずシャープな亀田さんとふくよかになった(役づくりです!)箱田です

対岸の永遠、よろしくお願いします(^o^)/
てがみ座 箱田











posted by てがみ座 at 02:01| Comment(3) | キャスト紹介

2016年02月14日

役者紹介 半海一晃さん!

image-cc9bb.jpg
今回私の父を演じて下さるの半海一晃さんです。

稽古場でお父さんと呼ばせて頂いてます。

半海さんは、みか!と呼んでくれていて。まあ。本当にありがたいです。



image-f00dd.jpg


過酷な時代背景はあるけれども、過酷であった過去を明るくユーモラスに表現してくれているのが、半海さん演じるお父さんです。

でもその明るさから、父の孤独や愛が、余計に照らし出されて、切なくなります。

俳優として、大大大大先輩なのに、一つもそんな素振りを見せず、上からではなく、対等に、同等に話をしてくれる。

稀有な方です。

とても尊敬しています。ありがとうありがとうとたくさん心の中で叫んでいます。

稽古場での日々が終わって本番に入って、それもきっとあっという間に終わってしまう。この父と過ごす瞬間がずっと続いたら良いのに。と思う。今日この頃です。

私自身は課題は山積みなのだけれど。

お父さん。これからもどうぞ、よろしくお願いします。



image-d2c75.jpgimage-349eb.jpgimage-b1248.jpg

最後にこの作品の着想の入り口となった、詩人ヨシフ・ブロツキーと、パリで出会い結婚した若い奥様、その娘さんとの写真とも添えて。

しかし、素敵だよなぁ。このお二人は。
それに比べ、飲み助のこの親子二人の写真ときたら。。

お酒の飲み過ぎには、皆様、くれぐれもご注意ください。


石村 みか
posted by てがみ座 at 23:43| Comment(0) | キャスト紹介

2016年02月11日

じっくり稽古・開始!

IMG_0124.JPGIMG_0502.JPGIMG_0503.JPGIMG_0504.JPG
昨日までをサラッと稽古と呼ぶわけではありませんが、作品のとりあえずの外枠を固める稽古を終え、本日からは外枠の中身をより綿密に埋めていく稽古が始まりました。

こんばんは(^o^)
てがみ座 劇団員の箱田暁史です

今回の「対岸の永遠」
1999年のロシアを基本的な舞台としています
個人的にはわたくし箱田はアルコールを愛する肉体労働者を演じる関係上、そういう肉体をつくりあげるべく日々勤しんでおります笑

ということで昨日は、大井町駅から徒歩4分の
ロシア料理と酒 ロマーシカ
さんへお邪魔して
愉しく飲酒&お食事して参りましたよ( ^ω^ )

マスターの綱さんと奥様のユリアさん
実にキュートです

わたくし、もともと幼児体形気味の中肉中背で実年齢よりマイナス5歳くらいに見られがちですが、今回このように愉しく飲酒&お食事することによってリアルな中年の肉体を仕上げるべく頑張っているのです…


近日、キャスト紹介スタートします!
今回も魅力的すぎるキャストの皆様にご出演いただきます
毎日の稽古がほんとに愉しいです
「対岸の永遠」
よろしくお願いします(^o^)


posted by てがみ座 at 21:08| Comment(1) | 稽古場日誌